頭皮を柔らかくする方法は身体の内外から行う

薄毛の人の頭に注目すると、頭皮が顔の皮膚と同じ色をしてツヤもあり、光も反射するようになっています。

一見すると良い状態に思えますが、これは頭皮が血行不良によって硬くなり張っている状態という証拠なのです。この状態では、髪の毛は長く太く成長することができません。健康な頭皮は白っぽい色をしており、柔らかい弾力があるのです。

畑に例えれば分かりやすいですが、硬い土では野菜は育つことが出来ず、小さな物しかできません。柔らかい土であれば、多くの栄養分を吸収し大きく育つことができるという訳です。

頭皮を柔らかくする方法としては、身体の内側と外側からアプローチする方法があります。内側とは、血流を改善して頭皮に多くの血液を巡らせることです。タバコは「百害あって一利なし」と言うように、健康に害を及ぼす代表の一つです。

血管を収縮させる作用があるため、血流が悪くなってしまします。脂っこい食事の摂り過ぎも血管内部にプラークと言う塊を形成させる原因となり、血液の通り道を狭めてしまいます。これらの摂取を控えることで、しなやかな血管を維持することができるようになります。

頭皮を柔らかくする方法の外側からのアプローチとしては、マッサージがあります。直に頭皮を揉みほぐすことによって頭皮内部の血管の収縮が促進され血行が改善してきます。マッサージは頭皮を傷つけないように爪を立てず、指の腹の部分でゆっくり行います。

摩擦も悪影響ですので、擦らないように注意しましょう。また、定期的な運動を定期的に行っていると、心肺機能も高まり、血流改善につながります。頭皮を柔らかくする方法を行い、薄毛予防をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *