翻訳サービスは数多くの翻訳会社が手がけていますが、コーディネーターと呼ばれる営業マンは日中仕事を取ってきて、夕方から翻訳者の得意分野と納期に合わせて翻訳者選定をします。

外国語にかかわる仕事全般を行なっているので、翻訳サービス会社では多くの外国語付帯事業をしています。金融、学術分野セミナーの論文翻訳があるとそれに合わせて通訳者のコーディネーターも行います。

通訳者には様々なタイプがいて、同時通訳ができる1日7万円レベルの通訳者もいれば会議に同席している3万円レベルの通訳者もいます。

翻訳同様、通訳者のレベルと質を見てコーディネートし、クライアント企業との信頼関係を作っていきます。翻訳サービスの一環として人材派遣も行っている企業もあります。

その企業に常駐して契約翻訳者として翻訳者を働かせる事業です。BtoCの事業、例えばゲーム内容の翻訳をしてアジアで発売する仕事は、ゲーム開発者の意図をくみ取らなければならないのでかなりハイレベルな作業になり、それだけ多くの給与がもらえます。

また、翻訳につきものなのはマニュアル翻訳とそれにともなう印刷サービス事業です。家電マニュアルを10カ国語に翻訳すると膨大な印刷経費もかかりますので、翻訳会社は印刷会社と提携しています。

日本は多くの外国人が居住しているので外国人のための生活の手引きが必要です。官庁や行政、ホテルで使用する外国人向けパンフレットも翻訳者サービスでカラー印刷まで請け負っていることは多いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *