今の翻訳サービスにはAIの技術が使われるようになりました。

これによって大きく翻訳サービスが使えるソフトになったといっても過言ではありません。ハッキリ言えば使えないソフトが急に使えるソフトに大転換をしたのですが、このてんかんを成し遂げたのがAIによる技術の進歩だったわけです。

何しろ今のAIはとんでもないスピードで自分の技術を進化させることが出来るというものとなっています。人何十年という年月をかけて習得するものをあっという間に習得するので、このような翻訳サービスのような複雑なことも出来るようになってしまったのです。

これには、経験を積むという仕組みが大きく関係しています。人は経験を積むことでさまざまな事が出来るようになるわけですが、今のコンピュータはこれと同様に自分でさまざまな経験を積んで自分を進化していくというとんでもない方法を獲得したので、これによってほとんどのことが出来るようになったと言われています。

およそ人が経験によって習得する技術はAIも習得が可能と言われていて、これからさらに翻訳サービスの精度も向上していくでしょうし、他の分野でもAIが使われていく事になると考えられます。

今後人はこのAIに支配されるのではないかと危惧されるぐらいの事も考えられるわけですが、どこまでの技術を利用するのかを決めるのは人ですから、これから先はどこでAIを制御するのかという事を考える必要があるのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *