英会話が出来る事と英訳が出来る事は微妙に異なります。

一見するとどちらも英語力という特別なスキルです。しかし、それぞれに専門家がいるように実際は方向性が違っています。英語でのコミュニケーションは得意でも文書の英訳はむしろ苦手だと考えている人々も多いです。英会話の場合はリアルタイムで相手の目やジェスチャー等を確認しながら意図を把握していけます。

一方で英語で表記された説明書や契約書、そしてEメールなどは文字通りテキストなので相手の顔や身振り手振りを見る事は出来ません。更に言葉には文化というものがあり、米国の方々が日本の諺や慣用句を知らないように、日本人もまた英語圏特有の表現は詳しくありません。そのため、重要なビジネス文書や仕事で使うマニュアルを和訳しなければいけない時、多くの人々は翻訳サービスにアウトソーシングを行っています。自力で和訳をすれば確かにコストは抑えられますが、肝心の和訳の内容がズレてしまうと結果的に大きなトラブルに発展し、返って甚大な損害が出かねません。

最初からプロの翻訳サービスに依頼を出しておけば、微妙なニュアンスや英語圏特有の表現なども綺麗に日本語に置き換えてくれます。英語が得意な部下に丸投げするのも良いですが、和訳作業を行っている間、その担当者は通常業務が出来なくなり、実は組織全体のパフォーマンスが落ちてしまうのです。そういった事情から実は翻訳サービスへアウトソーシングをした方が結果的にコストが安く済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *