日本においては少なくない翻訳会社が存在しますが、翻訳サービスにおいて、価格・スピード・品質・対応が重要でこれらが優れている翻訳サービスを提供する会社がコストパフォーマンスに優れた会社だといえます。

価格に関しては、英語の場合、相場として一文字5円からが相場となっています。安い方が良いですが専門性が高かったりした場合や扱う事が少ない言語の場合は、文字単価は高くなります。スピードに関しては、発注してから納品までのスピードですが、ミス無くより早く翻訳してくれる会社がより優れているといえます。

品質に関しては、ミスが無いことは大前提ですが、他国の言語を自国の言語に置き換えた場合により違和感が無い、正しい翻訳をできる会社がより優れています。対応に関しては、依頼した後に様々なクライアントの要望に対応してくれる、例えばヒアリングをきちんとしてくれることやクライアントの問合せに迅速に真摯に対応してくれる会社がより優れています。価格・スピード・品質・対応が総合的に優れている会社がクライアントの顧客満足度を満たしクライアントの支持を獲得します。

こういった基本的なことを実直に行えるクライアントの信頼を獲得できる会社が、クライアントの信頼を勝ち取り、その後クライアントと長い継続的な付き合いをすることができます。翻訳サービスを行う場合は、その場限りでは無い継続的な付き合いになる様に、価格・スピード・品質・対応に注意して、クライアントの顧客満足度を高めることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *