翻訳サービス会社は多数ありますので、その中から最適な会社を選ぶためにはいくつかのポイントを絞って比較していく必要があります。

まず対応言語の種類による比較です。翻訳してほしい言語に対応していなければ意味がありません。英語や中国語のようなポピュラーな言語であれば、ほとんど翻訳サービス会社が対応していますが、マイナーな言語になってくると会社によって対応言語に差が出てきます。

大手の翻訳サービス会社を比較してみると、10言語以下の会社から340言語まで対応できる会社までかなり差があります。次に費用を比較しましょう。費用は1文字/1単語につきいくらという設定になっており、安い会社の場合5円から可能ですが、高い会社になると14円からとなっています。ただ費用に関しては納期やクウォリティによっても異なるので詳しくは見積もりを取る必要があります。さらに納期スピードによる比較があります。特に急いでいる場合は即能可能な会社を選ばざるを得ません。そしてクウォリティ比較です。

これは実際に翻訳したものを見てみるのが一番ですが、口コミなどの情報から判断するのも手です。特に専門的な内容を翻訳する場合は、クウォリティが低い会社では完璧な翻訳が難しくなってしまう可能性があり注意が必要です。このような条件をひとつずつ比較をしながらも、特別な理由がないかぎりは、最終的にはコストパフォーマンスに優れているところを選ぶと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *