現在ビジネスの現場で使われているのは、英語なので英語の翻訳を引き受ける翻訳会社の数は多いです。

しかし、最近は英語以外の言語の翻訳をしてくれる翻訳会社が増えています。特に増えているのは中国語の翻訳を行っている会社です。中国語の翻訳に特化した翻訳会社もあります。中国語の会社が増えてきたのは、中国が経済的に発展しているからです。英語以外の言葉の翻訳の料金は、一般に高めです。

スワヒリ語のような日本であまり使われていない言葉だったら、かなり高くなる場合があります。英語の翻訳なら翻訳者の数が多いので競争原理が働いて、料金は安くなりますが、マイナーな言語の場合は競争原理はありません。どんな会社でも依頼する前に見積もりを出してくれます。特殊な言語の翻訳を頼む場合には、まず見積もりを出してもらうようにしましょう。

翻訳の質に不安がある時は、少量の文書をまず訳してもらいましょう。少量の文章で質を見て、その後に量の多い翻訳を頼むようにします。量は少なくても、翻訳を引き受けてくれる会社は多いです。あまり使われていない言葉だったら、翻訳者が日本国内で見つからない場合があります。

そんな場合は外国の翻訳会社を使ってみましょう。英語がある程度使えれば、翻訳を依頼できる場合があります。またその会社で日本人が働いていたら、その人に日本語を使って仕事の依頼ができます。依頼後の支払いはネットバンクに口座を持っていれば、スムーズにできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *