翻訳サービスを利用する時には翻訳者によって、品質が異なることもあるということを覚えておかなければなりません。

元の文章は同じわけですから、理屈としては誰が翻訳をしても同じ結果にならなければならないのですが、実際にはそのように簡単に行かないこともあります。誰が訳しても同じような結果になる簡単なものであれば、どこの翻訳サービスを利用しても同じといえますが、専門性が高くなるに連れて翻訳者が得意とするかどうかで結果が変わってきます。

医学書のようなものであれば、言語力の他に医学的な知識がある程度なければ正確な翻訳をすることができない可能性がありますし、文学書の場合には日本語の表現力が重要となってきます。医学書や契約書のように書いてある中身をそのままに多言語に翻訳するのが得意な人もいれば、文学書を原文のニュアンスそのままに日本語に置き換えるのが上手い人もいます。

それぞれ得意分野を持っていて、苦手な分野もあるので翻訳サービスを利用する時には翻訳してもらいたいものを最も得意とする人に依頼をする必要があるのです。翻訳サービスは自身が翻訳をすることができないために依頼をしているわけで、納品されたものの品質が良いのか悪いのかはその時には判断しづらいものです。

それだけに利用する翻訳サービスをよく選ばなければ、後になって細かいニュアンスが伝わらない内容になっていて、トラブルの元になってしまったということもあるだけによく覚えておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *