翻訳サービスは外国語の知識がなくても利用できるので便利ですが、情報漏洩のリスクもあることを理解しておく必要があります。

過去に翻訳を依頼した文章が誰でも閲覧可能な状態になっていたなどの問題が起きています。翻訳サービスに入力した文章を保存する機能があり、それに同意することにチェックを入れていたことで発生したものです。使ったことがない翻訳サービスを利用するときには、どのような特徴があるのかよく調べましょう。

翻訳が必要になる文章には、しばしば社外に出すことが禁止されている機密性の高いものも存在しています。このようなものは外部に委託するのが適切であるのか十分に検討が必要です。委託することに決めた場合には、機密を保持する契約を結び、漏洩した際に責任を取るシステムになっているところに依頼しましょう。

機密性の低いものであれば、WEB上で利用できる無料の翻訳サービスが便利です。使い慣れているものであれば、情報漏洩のリスクも低いですが、この場合は翻訳の精度が問題になるので確認しなければなりません。翻訳したい外国語の文章に文法の間違いがあり、意味の分からない結果が表示されることは珍しいことではないですが、これは見ただけでおかしいのが分かります。

しかし、一見すると普通の文章に見えるものが、実際にはおかしな翻訳になっていることもあります。このようなケースがあるため、見た目では違和感を感じないときでも、正しく訳せているのか確認しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *