翻訳会社の翻訳は、全てネイティヴが翻訳しているというわけではありません。

もちろん、素人が翻訳をしているというわけではなく、人間の手によるものと機械の手によるものと二つの方面から正しい翻訳を実践しています。こうすることによって、より完璧にサービスを提供することができます。そもそも、人間の感受性は多種多様であり、国によって全く受け取り方が異なります。別の言語に変換するときにはこの点を必ず考慮しなくてはならず、しかも実際の翻訳からかけ離れたものにはならないように注意をしなくてはいけません。

例えば、英語と日本語の翻訳を考慮する際には、お互いの言語に対するニュアンスを考える必要があります。もっと具体的に述べると、日本語には存在していて英語には存在しないない解釈も存在します。代表的なものが、もったいないという言葉です。もったいないに該当する英語は存在しないので、日本語を英語に変換、あるいはその逆を行う際にはどういったニュアンスで伝える必要があるのかということを考えなくてはいけません。

こうしたニュアンスの違いは全ての言語に共通しています。翻訳会社は、こうした微妙なバランスを考慮して業務を遂行することが求められます。また、翻訳会社には納期もあります。顧客から納期を求められたときにはそれまでに質の高い翻訳をしなくてはいけません。こうした背景でサービスを提供するために、翻訳の手順を機械と人間の双方という形で採用しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *