人工知能を始めとするテクノロジーの進歩は翻訳の世界にも大きな影響を及ぼそうとしていますが、ビジネスや学会などの現場において、ロボットによる翻訳はまだまだ実用的とは言えないものがあります。

しかし、グローバル化の流れはますまず早まり、これまで海外との取引のなかった中小企業であっても、海外にアプローチする機会は確実に増えてきているのではないでしょうか。中小企業の多くは、専任の翻訳担当者がいないケースが多く、翻訳が必要になる場面においては外注しなければ仕事がすすまないことも珍しくないはずです。そのような状況を考えたときに頼りになるのは、十分なスキルを持った翻訳会社です。

初めて翻訳会社を利用する方にとっては、会社選びは大変な部分もあるかとは思いますが、出来れば実際に担当する翻訳者のプロフィールを確認してみることをおすすめします。信頼できる翻訳会社であれば、自社の公式サイトに担当する翻訳者の略歴を掲載していることもよくあります。取り扱っている商品やサービスに関連する翻訳系ケインの多い担当者であれば当然ながら、高いレベルの翻訳の質を期待することが出来ます。

また、ネイティブチェックの有無も確認してほしいところです。日本人の翻訳者では気づきにくい細かなニュアンスなどもネイティブのチェックにより明らかになることもあります。翻訳にかかる料金に関してはできれば複数の翻訳会社の見積もりを取ることが大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *