翻訳会社というと翻訳者が多数在籍している会社というイメージがあるかもしれません。

ただ、実際にはそのようなことはあまりなく、フリーランスの翻訳者に委託して業務を行っているケースが多いです。つまり、翻訳会社は翻訳者と依頼者の間をつないでいるような側面もあります。では、自分で翻訳者に依頼した方がお得なのかというとそうとも言い切れません。確かに自らフリーランスの翻訳者に依頼を行えば、翻訳会社を介するよりも低予算で抑えられる可能性があります。

しかし、翻訳者の良し悪しを判断するのは容易ではありません。翻訳した文章の正確性を評価する術がないからです。その点、翻訳会社であればこれまでの情報やノウハウなどを活用して、優れた翻訳者に委託をしていると予想できます。これだけでも十分メリットがあるといえます。また、翻訳会社では大量の発注を行えることから費用が抑えられる仕組みになっています。これを個人で行うとなると必然的に高額な費用がかかることにもなりかねません。

やはり会社を介した方が利点が多いといえるでしょう。会社を選ぶ際には1文字あたりいくらという金額が提示されるはずなので、その部分で安さ高さが分かります。ビジネスにおける翻訳では専門用語なども登場することから難易度がぐっと上がります。しかも、日本であまりなじみのない言語の場合、翻訳があっているのかすら判断が難しくなります。そのような点を踏まえて、翻訳を依頼する際には信用性の高いところを選ぶのが大切と言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *