翻訳会社が今後考えるべき方向性は人工知能が出てこれない分野で頑張るという事を考えていく必要があります。

無料で使える翻訳ツールのような便利なモノが登場してしまったので、翻訳会社が生き残るためには、この人工知能の入り込む余地がないところで頑張らなければならない事がはっきりとしました。翻訳ツールは無料で使えるうえに、誰もが持っている端末で使用できるとなると、もうこれに勝てるサービスはまずないと言っていいしょう。人が介在した時点でコストが発生するので無料でいつでも使えるというサービスに太刀打ちすることは出来ません。

しかもこれからさらに翻訳ツールの性能は上がっていく一方という事になれば、勝ち目はないと考えなければなりません。そうなると、人工知能が進出してこれない分野で頑張るしかないわけですが、これは探してみればかなりある事もわかるはずです。例えばエンジニアが使うような書類や言葉はまず人工知能も入ってこれません。今の人工知能が優秀なのは、それだけの経験を積ませることが出来る分野においてというだけですから、経験をそれほど積むことが出来ないところでは、何もできません。

エンジニアが扱っているような専門性が高くなると、途端に使えなくなるのが人工知能ということになりますから、こうしたところで翻訳会社は生き残り戦略をかけていく必要があるわけです。特に難しい事を考える必要はなく、勝てないところではしょうぶをしないで、勝てるとこで勝負をすればいいわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *