翻訳サービスのうち、インターネットの普及により機械翻訳の精度が非常に高くなり利用者も多くなりました。

しかしながら、企業などにおいてはまだまだ翻訳会社に求められています。現在日本にある翻訳会社は大企業から個人レベルまであり4000ほどあるとされています。翻訳会社(エージェント)が必要になる理由として、企業などで求められるものとしてまず『産業(技術)翻訳』である事です。例えば内容がマニュアルや取扱説明書の様なものから、研究論文や特許申請書類や決算書に契約書等と言った、専門性が高い翻訳が求められます。

よっていくら精度が高いからと言っても機械翻訳の場合、翻訳した内容の品質がボロボロバラバラに出来上がってしまう事がデメリットとして挙げられます。また産業翻訳以外にも翻訳以外に求められる事がそれぞれ違う翻訳形式があり、印税や契約形態や権利云々の問題がある出版翻訳や、文字数や時間の制約がある映像翻訳のものがありマーケットとしてはこれらを合わせた三分野が多くを占めます。

翻訳のエージェントの場合、複数の会社にトライアル合格と登録による個人のフリーランスから、翻訳者やDTPオペレータや社内スタッフそれぞれのスケジュールを管理をスタッフ(プレイングマネージャー)が行い一貫性のある制作をすると言った大きい会社まであります。現在ではクラウドソーシングサービスが発達したことにより、フリーランスの翻訳かから会社まで契約する直接契約を行う環境も整っている為、自力で翻訳者を探す手間がなくなりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *