グローバルな取引が増えると様々な書類を様々な言語で翻訳する必要が増えてきます。

その場合翻訳会社を利用することが多いと思いますが、翻訳会社を選定するにも注意が必要です。翻訳を依頼するうえで一番気になるのが費用と正確に翻訳ができているかです。一番最良の翻訳会社を選ぶコツは以下の通りです。

1.数社から相見積もりを取ります。その中で一番安い見積もりと一番高い見積もりの会社は危険です。一番安い見積もりの会社は、仕事が欲しいために無理をしているか、優秀な翻訳者が在籍していない場合があります。中には翻訳ソフトを利用している会社も存在しています。一番高い会社は、実は依頼の言語が苦手で断りの見積もりを出している場合が多いです。よって、平均的な見積もりの会社を選択するのが無難でしょう。

2.翻訳までの納期を確認します。納期が長すぎる会社は外注に依頼している場合があり、もちろん仕事の納期に間に合わないこともあり選べません。

3.可能ならば、自社と同じ業界への実績がある会社を選びましょう。
ビジネスには独特のビジネス用語が使われる場合があり、業界に精通していないと間違った翻訳をしてしまう場合があります。口コミを確認したり、同業者から紹介してもらうのも一つの手段です。

4.会社によって得意な言語と不得意な言語があるので、依頼する言語についての実績を十分に確認します。

5.一度利用して問題が無ければ、同じ翻訳会社の同じ翻訳者に継続して依頼します。依頼する会社や業界について知識が深まるので翻訳の質も向上し、継続すれば納期などの無理もきいてもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *