世界の共通語は言うまでもなく英語です。

しかし、ビジネスの世界では英語以外にも広く使われている言語があります。例えば中国語やスペイン語、フランス語などの他にもアジア諸国で使われている言語がそれにあたります。

英語の翻訳会社というのはたくさんありますが、中にはその他の言語も扱うというところも少なくはありません。しかし、当然のことながら言語がマイナ-になればなるほど、その言語を専門に勉強している翻訳者の数も減っているのが現状ではないでしょうか。

そこで懸念されるのは、多言語の翻訳の質やかかる費用といったことですが、これは依頼する翻訳会社によっても異なってくるということを忘れないでください。良い翻訳会社の選び方は、まずは依頼しようと考えている言語の実績があるかということがポイントのひとつとなります。

それから、費用についても英語以外の言語の翻訳は通常割高になるのが普通ですが、極端に高かったり逆に安過ぎたら要注意です。また、納期の厳守は必須の項目です。

きちんとこちらが決めた納期までに仕上げてもらうことは大前提です。依頼する前には必ずホ-ムペ-ジ等からいくつかの候補を選んで見積もりを取るようにしてください。

また、依頼を考えている言語の実績もさることながら、ネイティブチェック等の対応がなされているかということも良い判断材料になるのではないでしょうか。もしも事前に口コミ等の情報が得られるようでしたら、あわせて検討することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *