翻訳家者の良し悪しを判断する簡単な基準としては、きちんと翻訳会社の形態が表記されているかどうかという点が挙げられます。

翻訳会社は色々な形態で運営されているため、上場して経営している会社もあれば個人で経営しているところも存在します。副業程度で経営しているところも珍しくなく、こうした会社の良し悪しを判断するためには会社が個人であるのか法人あるのかを判断できなくてはいけません。

後日のアフターフォローのことを考慮すると、当然法人であった方が良いので実績のある法人をまずは選択することが大切です。実際に、納品された後の翻訳のアフターフォローは非常に大切です。これは、翻訳する側の会社によって翻訳内容に疑問が生じる点がいくつも発生する可能性があるからです。外国語には、受取手によって解釈の仕方が全く異なる概念が存在します。

例えば、同じ英語であっても英国英語と米国英語では全く受け取り方が異なります。こういった微妙なバランスを考えて翻訳しなくてはいけないため、翻訳者の意図を依頼人が受け取ることができないケースというのもありうるわけです。この場合には、すぐに修正をしてもらわなくてはいけません。アフターフォローがしっかりしている会社ならば、こうしたフォローで料金を請求されることはまずありません。

一方で、納品した翻訳が全てだと考えている会社ではアフターフォローにも料金が請求されますので無駄な費用の支出に繋がります。ですから、良い翻訳会社に相談するためにも事前にこれらの点を調べておくことは大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *