翻訳と言えば昔は映画の吹き替え作業などが主な用途でした、最近は翻訳サービスの幅が広がってきています。

インターネットの普及が情報の流れを変化させているのです。翻訳会社の利用にホームページの翻訳を依頼する企業が多くなっています。場合によっては4か国語対応などという切り替えができるホームページもできてきているのです。現在全国に約2千社の翻訳会社があります。

上場している大手の会社もありますし、マシーンを使った翻訳を提供している会社が多いです。お客様の意向にあった、翻訳の質が求められています。一般に翻訳会社には、コーディネーターがいて専属で依頼事項を的確に翻訳者に伝えるのです。コーディネーターは、顧客の要望がどのようなものかを理解する能力を備えています。

翻訳依頼の受注から翻訳者への仕事の発注・出来上がり文書の校正・推敲までを管理しているのがコーディネーターです。世界中にネットワークを敷いて存在している現地の仕事を請負っている人に寄り添って進行をつかさどってくれます。翻訳会社は、どこでも同じかと言うとそうではありません。

用途に合わせて強みや弱みがあります。その特徴を的確にとらえて翻訳を依頼する必要があります。特にIT業界では、商品の仕様をインターネットで公開してそれを商売のツールにしていることが多いです。ホームページに作成されている仕様書が理解できなければ提携関係もできません。最近は、テクノロジーを進化させようとしたらネイティブな言語で語ることが必要になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *