翻訳会社には、産業翻訳、映像翻訳、出版翻訳の別があります。

産業翻訳は企業活動で必要な翻訳全般を扱うもので、映像翻訳は映像の字幕を書いたり吹き替え用の原稿を作ったりします。出版翻訳は本を出版するための翻訳を専門としているのが特徴です。ただし、大きなところだとそれぞれの分野を総合して取り扱っていることもあります。中小の場合もそれは有り得ますが、多くは特定分野に特化して活動している傾向にあります。

以上から、翻訳会社を選ぶ時は目的から選ぶと効率的です。そして、それぞれにおいてもさらに得意分野は変わってくるため、文章の中身に応じてさらに絞っていきます。例えば、出版翻訳の場合でも、翻訳するのが文学書であるのと医学書であるのでは必要な知識は異なります。特に学術分野においては専門用語も多く、それを知らないと正確な翻訳はできません。

つまり、前提としてその分野に対応できる能力を持った翻訳家が在籍している翻訳会社を選びます。実績面も参考にすることが可能です。取引先に大企業が多ければ、信頼されているので満足できる仕上がりになる期待が持てます。また、数も多ければ処理能力の高さから納期が短くて済むと推測できます。

料金は中身によって変化するので見積もりを出してもらいましょう。無料でやってもらうことができます。見積もり後に納得できたら利用して、できなければ断っても問題はありません。そのため、気軽に問い合わせると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *