将来翻訳会社で仕事をしたいと考えているなら、いくつかある基本的なことを頭に入れておきたいものです。

まずやらなければいけないのは、母国語以外の言語を身につけるということです。そのためには外国語大学や英文学科を卒業するといった方法があります。ただしそのような学校に行ったとしても、必ず翻訳会社に就職できるわけではありません。ただし外国語とは関係のない一般的な大学を出た人よりも若干有利になるのは間違いないところでしょう。

それから翻訳会社に勤めるためには、特に何か資格が必要になるわけではないです。しかし英検などの外国語に関連するものを取得しておけば、少なくともマイナスになることはないので、機会があるなら検討しておくと良いです。その時のコツとしては、できるだけメジャーな資格を選んでおきたいものです。

先述した通り、資格の有無が必須ではないため、世間ではあまり知られていないものだと相手にされないケースがあるからです。他にも専門学校で翻訳を学ぶという方法があります。詳しく教えてもらえるのはもちろんなのですが、最大のメリットは就職を斡旋してもらえる可能性がある点です。

場合によっては翻訳会社が専門学校の設立に関わっていることもあり、もしそうなら卒業したと同時にその会社に就職できる場合も少なくありません。本来なら即戦力でなければ翻訳会社に雇ってもらえないことが多いため、確実に就職したいなら該当する専門学校に行くのが良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *