翻訳会社には、昔からの伝統のある会社からインターネットの発達にともなってIT企業との取引中心にする翻訳会社まで全国で約2000社があるといわれています。

それぞれに個性を持った企業ですが、全世界にネットワークを作ってできるだけネイティブな翻訳ができるようにしています。この分野の翻訳は、この翻訳者に任せるのが最もいいといった手配をできることが存続していける基盤になります。レベルの高いスタッフを抱えていることがまず優先されます。最近需要が多くなっているのが英文校正を依頼するケースです。

学術誌や英文の論文を投稿する前にチェックや修正を翻訳会社に依頼することになります。昔は、研究者が日本語で論文を作成して、翻訳会社に全文の英訳を依頼することが多かったですが、海外での留学経験を持つ研究者が多く自然に英文で論文を作成して校正を依頼することになります。ある程度のその分野に習熟しているスタッフがいることが依頼の前提になってきます。

翻訳会社にもその意味で専門の知識を持った翻訳者が必要になってきています。学術の分野は日々研究は高度になってきており、翻訳のレベルもそれに合わせて意味が分かることを必要にされます。翻訳は、言葉で人を説得し納得してもらう言語を介したコミュニケーションの役割を果たすものです。世の中が複雑になればなるほど意味を理解して翻訳にあたることが重要になってきています。言葉のちょっとした行き違いが誤解を招く事にもなりまねません。ますます重要になってきている業界だといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *