翻訳業界はその会社の背景が見えにくいため、事前調査なく適当に選んでしまうと間違った内容の文章になっていることもあります。

依頼していた翻訳会社の能力に疑問を感じ、他の会社に再度依頼するという話は割と多いです。翻訳会社を選ぶ時に気を付けるポイントをいくつか知っておくだけでも、優良なところに巡り合う確率が高くなります。まず対応言語ですが、以前はほとんどの場合英語から日本語、日本語から英語への翻訳が可能であれば概ねOKでした。しかし、最近では中国人の増加が目立ち、英語だけでなく中国語にも対応できる翻訳会社が一般的となりつつあります。

ホームページの実績を確認したり、扱っている言語を確認することも大切です。翻訳会社に費用を支払いプロの翻訳者に依頼するからには、高い正確性や専門性で高品質な翻訳をしてもらいたいものです。正確性を上げるためにはネイティブによるチェックなどいくつかのややこしい行程があり、それらをクリアしなければなりません。その分費用が高くなり、当然ながら納期も遅くなります。

正確性にこだわる場合はチェック体制について説明のあるところがおすすめです。また、専門分野に関しては産業や映像、出版などがありますが、能力の低い翻訳者が担当すると中身の薄い翻訳になることもあります。修正作業が重なると時間が掛かりますし、ビジネスに影響する場合もあります。専門分野については翻訳会社に事前に確認するのはもちろんのこと、行政や大手の案件を受注しているところを選ぶとより安心できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *