ビジネスオフィスにおいて、外国人相手の商売は必要不可欠です。

国際化の波に日本が呑まれようとしている昨今において、相手の言葉を瞬時に理解するだけでなく、自分たちの考えを相手に伝えるようでないと商売が成り立ちません。つまり翻訳してもらう必要があるのです。通訳を雇うとなると事務的には楽ですが、特殊な技能を持っている人に対しての報酬は高くつきます。外国語が話せるように一から社員を訓練するようではいつまで経っても商売が軌道に乗らないので、消去法で翻訳会社に依頼することで収めます。

ビジネスオフィスが風通しの良いところであれば、翻訳会社が作成する翻訳機ソフトを導入するという方法があります。確かに費用はかかりますが、それぞれのパソコンにダウンロードするだけなので、ビジネスオフィス全体で費用対効果を考慮するとかなりの恩恵を受けられます。ビジネスでよく使う言い回しや言葉が一通りそのソフトの中にプログラムとして入っているので、過度に心配する必要はありません。翻訳会社としては長く使ってもらうためにいくつかのサポートを行っています。

まずは保護期間の延長です。ソフトを導入した時点でサポートを受けられる保護期間が必要かどうか聞かれます。この時、どのような不具合があるか分からないので、必ず保護を受けましょう。基本的に1年間の契約更改なので、時期が迫ると契約金を結ばなければなりませんが、その間なら電話一本で不具合に対応してくれますし、いろんな質問に対する相談が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *