近年のビジネスシーンでよく使われるようになったグローバルという言葉ですが、日本国のビジネスにもしっかりとその精神は根付きつつあります。

当然ながらグローバルを最大級に生かす為に必要な事として言語の壁を乗り越える必要があります。特に日本国では、長年GDPが米国に次ぐ世界2位だった事もあり自国の言語が強く他国の言語を巧みに使いこなせるビジネスマンはそこまで多くありませんでした。しかし昨今は日本政府が社会問題化しつつある労働現場での人手不足のテコ入れとして外国人労働者の増加を後押ししている事もありますので、国家として言語の壁を低くしなければならない課題があります。

大企業などでは優秀な外国人労働者を雇う場面が、ITバブル時などの一昔前から多くあったのですが、オフィスでのコミュニケーションの問題などは現状もまだあるのが現実です。近年でこそオフィスなどで使用する言語を英語に統一したりする企業も増えてきましたが、まだまだ言語の壁はあり、その壁を乗り越えるために一役担っているのが、翻訳会社となります。

翻訳会社といっても翻訳だけをするのではなく、通訳のサービスや外国語のエキスパートの人材を派遣したり、上記に挙げた問題を解決する為のオフィスでの英語教育をするサービスなど幅広く言語に携わる仕事があります。医学分野の学術論文などでは、高度な英語が使用されているために翻訳にプロフェッショナルの力がどうしても必要になりますので今後もビジネスの分野だけでなく幅広い分野で翻訳会社は活躍していきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *