ビジネスにおいては翻訳サービスを翻訳会社に依頼するケースは少なくありません。

翻訳会社はいわばスペシャリストであり、多くの方に貢献しています。翻訳会社に依頼するときは得意な言語は何かについて調べておきましょう。ところでこの翻訳サービスという言葉についているサービスといえば、スポーツでよく言われているサービスエースでもおなじみです。基本的にサーブが返されることなく、得点になることをサービスエースと言います。これはサービスがサーブを表す言葉であることから生まれたのですが、実はエースにはサーブがまともに返されないという意味があります。

つまり、サービスエースというのは本来エースだけでも十分伝わります。このサービスエースは日本で生まれた和製英語のようなものとされます。ほとんど同じ意味の言葉が2つ合わさっています。このように似た意味の言葉が2つ繋がるケースは少なくありません。サハラ砂漠やチゲ鍋などがこれにあたります。日本に外国語が入ってくるとそれを知っている方と知っていない方に徐々に分かれていきます。

その際に伝わりやすいように同じような日本語と組みあわせる言葉がつくられるケースがあり、それがいつまでも残っていると考えられます。こういった言葉は必要以上に長くなってしまう一方で、非常に分かりやすいという特徴があります。日本語は他の言語を受け入れやすい柔軟な作りとなっており、幅広い言葉と共存することが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *