翻訳会社がよく利用される場面は、ビジネスの場で海外企業と取引をする際に文書や書類の翻訳が必要になった場合です。

一番多い翻訳は英語から日本語、日本語から英語に訳すというものですが、その他フランス語やドイツ語、スウェーデン語や中国語など、各国の言語を幅広く扱っている翻訳会社もあります。翻訳会社に在籍しているプロの翻訳者は、一般の人よりも英語が得意などといったレベルではありません。非常に難易度の高い試験を受け、合格した人だけが務まる仕事です。

この試験はトライアルと呼ばれていますが、わざと間違えるような引っ掛け問題を出題するなど、よほどの能力がなければパスしない試験となっています。これは、ビジネス取引や医療系などの翻訳においては、絶対にミスがあってはならないからです。ほとんどの翻訳会社で、トライアルは1回のみのチャレンジとなります。たとえ小さなミスでも許されることなく、再度提出したりやり直すことは一切できません。1回のみのチャレンジといっても、数年経過すると再度受けることは可能です。

その際はまた違った出題になりますので、前回の問題を参考にすることはできません。体当たりで挑むしかないようになっており、そのシステムがプロの現場で役立つというものです。もし実力で合格できたとしても、経験を積み重ねるまでは本格的な案件には参加させてもらえません。人知れず凄まじい努力が必要な職業なので、翻訳会社に所属している翻訳者は皆、優れた能力で翻訳業務に当たることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *