ある実際に翻訳会社さんであった本当に素晴らしいお話ですが、海外でまだ無名な作品であっても、後々に世界的に大ヒットをした作品などがあります。

翻訳会社に勤務されている方は、こうした海外の著作品を読み、これを是非日本に持ち込み、翻訳をしたい、そして本にしたいと願っております。こうした際に翻訳会社でのお仕事内容として一つ、重要なものが翻訳のスキルの他にも「交渉力」であります。勤務をしている方々は翻訳のプロ、例えば英語などを使うことが出来る特殊技術を持っておりますが、「海外の著作品、海外の本」これを翻訳していいのか、そして日本でこちらの会社で発行しても良いでしょうか、などの許可を得るためには交渉力が必要になっております。

過去にはこうした力、があって現在でも日本で大ヒットしている海外版の本が社会現象として飛ぶように売れました。翻訳会社さんでは、他の会社さんとの競合などもあり海外の「権利」を持っている原作者さんなどからこうした「許可」を得るためには、それなりの交渉力が必要となっているのです。

お金目当てとされた場合でなかったから、許可をした、という例などもあり誠心誠意などが示されることもあります。または「どうしても日本でこの作品を広めたい、そう思った」という理由で版権を許可してくださった事例などもあります。このように翻訳会社さんでは、技術などの特殊能力に加えて、作家さんへの熱意などのような心理面での取引も、重要なものになっております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *