翻訳会社と言うと従来は、会社が請け負った翻訳業務を所属する翻訳家やその会社に情報登録しているフリーの翻訳家などに斡旋する窓口的な役割を持つところが多かったですが、近年は翻訳業務のニーズの高まりや技術の革新によって、AIを導入した自動翻訳サービスを提供している翻訳会社も数多くあります。

AIを使った自動翻訳サービスを提供している翻訳会社の特徴は、24時間受付が可能で翻訳スピードも従来の翻訳家に依頼する形に比べて速くなっているため、短納期での翻訳が可能という点です。また、人件費を削減することができるため料金も安く設定されているところが多く、低価格、短納期というメリットがあります。一方で、専門的な分野の翻訳にはまだ学習が足らず対応しきれないという面もあります。

外交文書や重要な契約書、専門的な用語が多く出てきてその分野の知識を日本語でも理解していないと翻訳が難しいというような文章の場合は専門知識を有したプロの翻訳家に依頼した方がより安心できるでしょう。とは言え、その用途によっては手軽に申し込めて、出来上がりも早くて料金も手頃なAIによる自動翻訳サービスを提供している翻訳会社を利用するメリットは大きなものがあります。

その目的や用途によって利用する翻訳会社を使い分けることで、よりスピーディーな翻訳が可能になったり、経費の削減に下がったりすることがあるため、どこに依頼するかという選定が重要になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *