業務で使う書類やメールや書籍の海外展開など、近年、英語やその他の外国語を使う機会が増加しています。

特に書籍の海外展開や業務上の書類は、企業が海外の企業と取引をしたり、本の内容を広めたりする時に、現地の人々に内容やニュアンスが十分に伝わらなければいけません。その為、翻訳をするのであれば、多言語に精通している翻訳会社に依頼するのが良いでしょう。翻訳会社選びは重要であり、国内にはいくつかの翻訳会社がありますが、その中から企業の用途に合ったものを選ぶ事になります。

精度の高い翻訳を求めるのであれば、納期が長いのか短いのかである程度チェックする事が出来ます。英語から日本語へ翻訳する時の1日のペースは1500ワード、日本語から英語へ翻訳する時の1日のペースは2500文字程度が平均的です。これを指標にしますと、通常よりも納期が短い場合、複数人で翻訳の作業を分担して行なっているか、校正や校閲といった作業を省いている可能性があります。

校正や校閲が行われていないのであれば、それだけ時間短縮に繋がりますが、場合によっては文章の質が落ちてしまうといった事も多々あります。翻訳会社選びにおいては、過去の実績と利用した事がある企業の評判を知る事が出来れば、選び易くなります。料金よりも実績重視で選ぶ事で、翻訳された文章の品質が高まります。文章の品質が高まるという事は、それだけ元々の文章の意味を正確に伝え易くなるという事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *